ゴルフで使用するパターの選び方

ゴルフをするときにかならず必要なクラブの中にパターがあります。パターのショットというのは動きがゆっくりでありインパクトもそれほど強いものではないため、どんなパターでもそこそこ合わせることができるのではないか、と思ってしまいがちですが、実際のところ、パターが自分に合ってるかどうかでグリーン上の成績は大きく変わってきます。

プロはもちろん、ゴルフ上級者ほどパターに気を配るとも言いますね。パターがとても重要であることから、「パターは金なり」ともよく言われています。

さて、パターの選び方について少しお話しします。

パターはゴルフクラブのうちでもヘッドの形状の種類が最も多く、たとえばオーソドックスなスクエア型のピンタイプや楕円形のマレットタイプのものがあります。

マレットタイプは打球の直進性が高いとされているので、ゴルフを始めようという初心者の方には、ちょうどいいでしょう。
パターの選び方にはそれぞれのパッティングスタイルに合わせた選び方があって、基本はストローク式とタップ式というスタイルで分けて考える選び方で、このストローク式にマレットタイプやオールラウンダーのピンタイプが合うのです。
このように先にあげた二つの種類のヘッドタイプは初心者の方に優しいつくりになっているのです。

また、タップ式のパッティングスタイルの人は、T型のキャッシュインパターのほかピンタイプでも問題なくプレイできます。
他にもグリーンの芝の長さに合わせたパターの選び方もあれば、中尺パターや長尺パターといった好みの長さで選ぶ選び方があります。