ゴルフコースにある様々な障害物について

ゴルフのコースのあちこちにはスコアを落としてしまう障害物がたくさんあります。それぞれの名称やどのようなペナルティーを受けるのかについては、プレーを何度もやっているうちに覚えていくものですが、普段は働いている会社員の場合は、そう何度もコースに出ることもないのではないかと思います。

とすると、むしろ積極的にゴルフコースの仕組みを覚えていく必要があるのではないでしょうか。ルールを知らない人と一緒にコースを回るのは案外疲れるものです。

一緒に回ってもらう上級者にも気もちよくプレーをしてもらうには、自分の方でもある程度はゴルフのルールやスコアの付け方、そしてコース上にあるスポットの名称を覚えておきましょう。

ここではコース上の障害物についていくつか紹介をいたします。

たとえば白い杭を結ぶ線をOBラインと呼び、それを超えてOBゾーンにボールを打ってしまうとぺナルティになってしまいます。また、コース上の池の場合ですが、黄色い杭のある池は、最後に池を横切った地点とピンを結ぶラインの後ろ側でボールの落ちた位置を探しますし、逆に打った場所に戻って打ち直すこともできる池になります。

池のそばにある杭が赤の場合、これをラテラル・ウォーターハザードと呼び、ドロップ地点を確保できず、元の位置に戻って打ち直すという選択肢しか与えられません。
このケースだと下手をするともう一度池に入れてしまうこともあるので注意が必要です。

ところで、コースの中には「花道」と呼ばれる、グリーン手前のフェアウェイをさす言葉がありますが、ここに向かってボールを打ち、うまくボールが花道を転がっていくと、グリーンに乗せることが出来るゾーンもあります。できるなら、初心者の方はこの花道を通ってスコアを上げたいものです。