スイングは体の回転で打つとうまくいきやすい

プロゴルファーは体の回転でスイングを行っていると言われます。
体の回転の速度・強さを調節することにより、ボールに伝わる力を制御し、飛距離や方向を定めて目標の場所にボールを飛ばすのです。

ここがわからない人の場合、スイングが手打ちになってしまい距離が稼げないばかりかスイングが安定しないためにボールの方向も定まらない、結果、ゴルフのショットに苦手意識を持ってしまう、ということになりかねません。

ということでここではスイング時の体の回転のコントロールの仕方について触れておきましょう。

ゴルフでは入れた力が全て無駄なく伝わる、最小限の動きでスイングを行うのが理想の形です。
特にいわゆる手打ち、腕を振り回して行うスイングは力の分散が大きく、無駄が多いため、体の軸がぶれないように腕を極力動かさない最小限の動きにすることが必要になってきます。
イメージとしては自分が筒の中で体を回転させるというものが、もっとも理想系に近づきやすいイメージといわれており、そのとき両腕は常に体の正面に置いてあるイメージです。

ところでこの体の回転の際に、それと並行して体重移動を行うことで力の伝達に相乗効果がうまれ、インパクトの際のパワーを一気に上げることもできます。
この二つの要素をマスターするには、コツを自分でつかまなければなりませんが、上級者の足運びや体の回転の仕方などをよく観察したり、話を聞いたりしながら反復練習するしかありません。
お勧めは、自分と体格の近いプロの試合などを参考にすると、イメージがしやすくなり、上達のスピードも上がってくるので試してみると良いでしょう。