ゴルフのドライバーショットについて

ドライバーはクラブの中でも1番シャフトの長いクラブで、ロフトの角度も小さいクラブです。
他のものに比べ、ドライバーのショットは振り遅れることも多く、その角度の小ささからフェイスに乗せるようにショットを打つこともできません。
ですので、アイアンショットで腕を慣らした人の中には、ドライバーショットをなかなかマスターできない人もいるようです。

ドライバーショットの難しさの1つとしてスライスがあります。ドライバーの重さに負けてしまいクラブヘッドが振り遅れた状態になってしまい、ヘッドが外側に向いてしまうのです。結果として、ボールがスライスして狙った方向に飛ばなくなります。

飛距離を稼ぐのにはとても頼もしいドライバーでのショットですが、クラブによってその性質は異なり、ものによっては打球の初速が落ちてしまい、それに伴って飛距離が延びるどころか落ちてしまうこともあるのです。
一般的にいえば長尺のドライバーの方が飛距離を稼ぎやすいといわれますが、これは原理的な話で、結局はクラブの重さのほかに使う人間のパワーに合っているかどうかが重要ですので、自分に最適なものを探すようにしましょう。
実際、人によっては短尺の方が自分の身体能力とマッチして、長尺のときよりもパフォーマンスがあがることもあるので、一度ドライバーを変えてみるというのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

最近のドライバーの中ではヘッドが可変式になっているモデルなども登場しており、試し甲斐もありますので、一度時間をつくって見に行ってみるのも良いでしょう。