ゴルフのコースのレンジについて

とてもな頻度、あるいはしばしば私は思ったりするのですが、それを私たちががゴルフをするとき、難易度ではないのですが使うコースに分けます、そして、3つのグループがあります、そして、ロングホールはショートホールの手段の穴に分けられます、しかし、それが各々のコースで異なるので、初心者はそれを知っています。まあもしかすると知らない初心者もいるかもしれませんが、ゴルフをするのであれば知っておくべき事項でもあります。

ショートホールは距離がより短くするコースでおよそ250のヤードより少ないコースを言います、そして、3つは平等に私が3つの打撃でそれをカップに入れることができるならば、それがあるからに点在することを降ろしません、そして、初心者は平等がとるのが簡単であるホールです。平等つまりパーが4であるので、470のヤード 251 ヤードとそれ未満の穴の中央の電話のホールは4つの打撃でそれをカップに入れなければなりません、それが緑でもあるわけですが、2つの打撃でそれを拾わないならば、平等(パー)をとること以外の、彼らは厳しくなります。

ロングホールは特定のホール(私がそれを理想とする時以外の)の471のヤードは3つの打撃で緑の上で2回クッションでパーをとることができなければならないよりパー5になります、しかし、彼らが4つの打撃でそれを拾うことができるならば、初心者でも十分の到達レベルです。まあ簡単といっても少しあるいは多くの練習が必要なことは言うまでもないことではあります。この練習を進んで行うか、あるいはサボってしまうかによって今後のスキルの上達具合は変わってくるものと思います。

いずれにせよ、実行は、バーディーが生産されるようにバーディーが必要であるので、どのゴルフがゴルフを点在させることを上げるためにめぐるかについて平らにします。